あえて言おう。

あえて言おう、ハッセルは難しいカメラであると。

難しいのは操作でもなく、構図とピントだ。操作はしてはいけないことさえしなければ露出を合わせて、ピントを合わせてシャッターボタンを押す。それだけだ。

作法さえ守ればどうということはない。問題は構図と被写体との向き合い方だ。日の丸構図だと面白くない…かと言って撮った写真をみてみると全て傾いている。
むむむー。

撮る時にさえ作法がいるのか。被写体と真っ直ぐに向き合い、真っ直ぐに撮る。その上で写真の基本とアイデアのスパイスを盛り込む。

これが必要なのだ。



0 コメント: