今日から二人展

今日から心斎橋ギャラリーアビイで二人展だ。かくいう二人展とはいえ、半分個展の様なもの。作品11点を出したが、楽しい面もあり、しんどい面も。

普段、見慣れた風景の中にも我々の社会とはかけ離れた異世界が存在するという設定でチョイスした作品展。あくまでも主観による異世界観点なので、客観的には何とも言えないが。

今回は全てモノクロフィルムをスキャナで読み取り、顔料プリンターでの出力。
●何故モノクロで?
色は人間が目で見て決めてるだけのものだ。色をそぎ落とし、光と影だけにすることで、風景、物事の本来の姿が見える。また、みるものに創造性を与えるから。
・何故6*6で?
今回は全てが6*6ではないが、6*6は1:1であり、自分の写真を正面から見ることができる。また、被写体の魅力を余計なものを省き素直に出せるからだ。
・異世界は存在する?
存在するかどうかではなく、人間、動物、物には独特の視点がある。そういう意味での異世界なら存在すると考えている。
・何故、フィルムで?
後世に物理的に今の風景をミニマムヒストリーとして残したいから。
・ハッセルを使う理由は? 
きちんと写真を撮ろう思う気持ちになれる。被写体と正面から向き合う気持ちにさせてくれる。


公開質問はこんなもんかな?

ギャラリーアビイ
12/4-8まで
12:00-19:30


http://g-avi.com/ex/343/343.htm


0 コメント: