自宅暗室

久々の自宅暗室プリントを決行。自宅暗室が億劫になるのは正直、手間と労力、部屋の狭さが原因になっていると思われる。それと大四ッ程度の大きさだと紙の取り回しもしにくくなるし、液の温度も上がらない。
床に引き伸ばし器を設置しているため、長時間だと腰が痛い。

液温については、熱帯魚用のサーモスタットをいずれ購入すればいい。だが電源が確保できるかどうか。
引き伸ばし器については、台を設置し、常にそこでタイマーなど設置しておき準備しておくことだ。
また、印画紙を吊るしておく準備も必要だし、バライタの場合、フラットニングもどうするかだが…。



いずれにせよ暗室は必要かと思われる。

0 コメント: