写真の存在

ロラン・バルトの「明るい部屋」を読みきった。なかなか難しい哲学書だったが、写真という存在を改めて考えさせられた。

どこまでが、写真でどこからが写真として我々は認識するのか。家族の写真を撮って、その写真はいつまでが家族の写真なのか。

バルトは写真と写真の中身について自身の母親への想いを絡めながら綴った。

0 コメント: