テーマとコンセプト

今週末の写真構想に向けての写真が選択できていない。卒業制作を考えた写真授業になる。テーマとコンセプトを考えて写真を選択するのだが、そもそもテーマとコンセプトとはをじっくりと考えた事がなかった。

インターネットで色々と調べてみると・
  • テーマ・・・目標、着地点、タイトル、主題、基本的考え。
  • コンセプト・・手段、考え方、思想
となるらしい。写真表現で言えば「何を撮る」がテーマ、何をどのように撮り、何のために表現するかがコンセプト。テーマが具体的である反面、コンセプトは抽象的らしい。因みにモチーフとは対象物(被写体)を指すことになる。

例えば
  • テーマ・・変化する建造物の壁面
  • コンセプト・・
  • 変化する建造物の壁面を撮ることで建築物の壁面はその時代を表す地層の様にも見える。
  • 隣り合う建物同士が面をなす設置部分は建てられた時代も異なれば、建てられた経緯や目的も違う場合がある。街全体の景観を無視してない?
  • また材質も異なれば、窓があったり縁、柱、様々なものが重なり合っているが、建物自体にルールがあって綺麗なのに周囲との調和を考えてるの?
  • それらをミニマムにしていくとそこには建築家や設計者が予想もしなかったアート作品を見方によっては生み出すこともある。
  • 我々はその街のアートを発見から未来の次の都市構想を考え直すヒントを見いだすことができるのかもしれない。
  • モチーフ・・建造物の壁面 、時間の経過、都市。

・・と、こんな感じに書いてみたものの、これはあくまでも適当に言葉を繋ぎ合わせた一例。これが正しいのかどうかはわからないがこんな感じだとわりとすっきりする。
 着想は、個展の「都市との邂逅」から来たものだけれども、自分の中では普段の生活から気づきにくい部分を写真として撮影することで、被写体を別の形へ変えてみようというのが狙いだ。
 そんな変化すら気づかない愚かな自分たちへの皮肉もこめて写真を撮影していることもあるが。こういうことを書いていると写真のうるさ方達がコメントに「お前は全然わかってないない。バカだ。」と書いたりするのだろうか。

まぁ、とりあえず、これで出してみようかな。




0 コメント: