既視感

ポートフォリオのコメントで、ずっと頭に残っている言葉だ。既視感、つまり「どこにでもある写真じゃん」と言いかたを変えればこうだ。

面白くない、ユニークじゃない、つまらない。         

別に笑わせるために写真を撮っている訳ではないので、笑える写真ではないかも知れないが。どこかで見たような写真になっていることは否定できない。もちろん、計算して既視感を出す写真家もいるが、自分の場合は過去の写真家の作品で似たようなものばかりを撮っているのだ。
 
じゃあ、どうしろと言われてもアイデアはない。このまま諦めてしまうか。 





0 コメント: